一本歯下駄

書家 紅秋氏文字入れ一本歯下駄

書家 紅秋氏文字入れ一本歯下駄

「過去 現在 未来」の自分を表す 自然と出てくる素直な思いを 年始に行う書初めのように、 文字に込めてほしいと思っています。

書家・紅秋氏について

紅秋 -Koushu-
書家/書道家/Japanese calligrapher

5歳より筆を持ち、恩地春洋、小林琴水に師事。漢字・仮名・ペン字・条幅 師範。
毎日書道展・書道芸術院展等 入選/受賞歴多数。


篆書・隷書・草書・行書・楷書の五書体の古典臨書の確かな技術を軸に、漢字を主体とした作品を手がける。

今回のコラボ一本歯下駄は「過去/現在/未来」の自分を表す、自然と出てくる素直な思いを

年始に行う書初めのように、文字に込めてほしいと思い、本企画が持ち上がりました。

「足の神様」服部天神宮へもお納めしております。

オススメの方

オリジナルの一本歯下駄をオーダーしたい
目標や座右の銘に意識をおきながらトレーニングしたい

●友人や仲間へのプレゼントに

 

書入れできる下駄

・NANTAN(ナンタン)
・BENKEI(ベンケイ)
・MUSASHI(ムサシ)
・Walk(ウォーク)

サイズ

各下駄による

一覧に戻る